05.20
Sat

ひさしぶりに社台募集ネタです。

ちょっと前の話ですけど、
東西わけと、価格発表がありましたね。

種牡馬ごとの印象としては・・・

ディープ牡馬⇒価格が止まりましたね。
ディープ牝馬⇒バブリーですね
ハーツ牡馬⇒めっちゃ高い、狙ってたのに(涙)
ダメジャー牝馬⇒いない(涙)、狙ってたのに(涙)
オルフェ全体⇒産駒多い。値段そこそこ。牝馬は走るのか???
カナロア全体⇒産駒多い。人気バラけるかな。
ルーラー全体⇒バブル落ち着きましたね。なんだかんだで初年度はまだ重賞未勝利。
シンクリ牡馬⇒とうとうリストから消えたか。
ジャスタウェイ⇒初年度。様子見かな。

まだまだ戦いはこれからですが、とりあえずこんな感じ。
何を狙おうかなー。

スポンサーサイト
comment 0 trackback 0
05.20
Sat

○アルーフクライ(父:ハーツクライ) 3歳牡

アルーフクライ28

出走レース:5月21日(日) 東京6R・3歳500万下 芝1600m 田辺騎手

■クラブ公式
2017年05月18日
(美浦TC)
今週5月21日(日)東京6R・芝1600m戦に田辺騎手56kgで出走が確定しています。このクラスの芝戦でどれだけやれるか、力試しの一戦です。

2017年05月17日
(美浦TC)
今週5月21日(日)東京6R・芝1600m戦に田辺騎手56kgで出走を予定しています。同レースはフルゲート18頭のところ、本馬を含めて12頭の出走表明にとどまっています。きょう17日(水)の追い切りはウッドチップコースで半マイルから53.3-38.9-13.1秒の時計をマークしており、変わらず好調子を維持しています。

■オッハムのコメント
前売り段階で3番人気。
そして、1番人気、2番人気は社台レースホース(笑)

なぜ今週使うのかは謎ですな。

本馬は道中でかかることがないので、
芝の中長距離馬だと見ております。

できれば2000~2400Mの距離を試してほしいです。
ハーツ産駒は距離伸びてこそだと思いますが・・・。

一口馬主には、発言権はございませんので、
ブログにて発信するだけです。

期待を裏切ってくれる、良いレースを期待してます。

comment 0 trackback 0
05.20
Sat

○ウイングチップ(父:シンボリクリスエス) 5歳牡

ウイングチップ31


出走レース:5月21日(日) 新潟10R 高田城特別(4歳以上500万下・芝1800m) 丸田騎手

■クラブ公式
2017年05月18日
(美浦TC)
今週5月21日(日)新潟10R・高田城特別(芝1800m)に丸田騎手57kgで出走が確定しています。前走から約1ヵ月間隔を置いて、調整を施してきました。精神面がカギとなる馬ですが、うまく調整が進んでいます。

■オッハムのコメント
この馬は1戦必勝型なので、連戦すると途端に
戦績が落ちるのは1年前からずっとです。

ただ一方で厩舎側の希望もわかります。
優先出走権を獲得できたのならば、それを無駄にすることはできないと。

これまでの経緯を見ていて思うのですが、
レース後に1週間(or2週間)だけ山元TCに
放牧に出すことは難しいのでしょうか?

1戦使う、山元TCに即移動、1、2週間で再入厩
、優先出走権が行使できるうちに次戦の投票。

いけそうな気がするんだけどな。

現時点(20日21時30分)では、なぜかこの馬は一番人気です。
うーむ、出資者の立場からするとリスキーだと思いますが(苦笑)
いい意味で期待裏切ってほしいですね。

comment 0 trackback 0
05.20
Sat

○トランスパレント/ダノンベルベールの15(父:シンボリクリスエス) 2歳牡

トランスパレント03


■クラブ公式
2017年05月19日
(社台F)
順調に調教を重ねています。先週、周回コースの外回りからそのまま直線コースに入って、半マイル57.7-40.5-26.5-13.6秒をマークしました。外回りから直線へ入っていく調教はこれが1本目で、初めてにしてはかなりの好タイムでした。体の使い方が上手で、運動能力の高い馬です。どんどん乗り進めて、さらなる良化を目指していきます。ハミを強く噛む傾向があって首回りの筋肉が硬くなりやすいため、ケアは欠かさずに行っています。現在の馬体重は510kgです。

■オッハムのコメント
残7口です。ご検討中の方は、5月末までにどうぞ。


去年の今頃のアルーフクライの調教ペースはこんな感じ。
--------------------------------------------------------------------------
(参考)2016年5月6日 
北海道での調整が思惑通りに進んでおり、遠くない時期の本州移動も視野に入ってきました。現在も周回コースと直線ダートコースを併用したメニューで、週2日は周回コースにて普通キャンター1500m、週3日は周回コースにてウォーミングアップ後、直線ダートコースに入ってハロン18~17秒を主体として、その内1日は15-15のキャンター、周回外回りコースから直線へと入ること日も設定しています。また、15-15を乗った翌日は周回コースにてダク程度の調整で疲労回復に努めています。
--------------------------------------------------------------------------

比較すると、どうなんでしょうね。タイム自体はトランスパレントのほうが出してますね。
昨年牧場見学に行った際には、牧場では15-15以上はあまり進めないと聞いていたので
社台Fのやり方が変わったのか、この馬が売れないからセールストークのために
調教進めているのか。。。

早いペースでやれるっていうことはそれだけ順調なわけなので、
山元TCへの移動コメントが出ると嬉しいですね。

comment 0 trackback 0
05.07
Sun

○ナイトバナレット(父:ディープインパクト) 3歳牡

(撮影日:2016年5月)
ナイトバナレット05


出走レース:5月7日(日)東京11R NHKマイルカップ(G1) 芝1600M 藤岡佑介騎手

結果:16着

■クラブ公式
藤岡佑介騎手
「ゲートの中では大人しくしていたのですが、まだトモが弱い分ダッシュが付かず、後ろからの競馬になってしまいました。道中もフワフワした面を見せていて幼い印象を受けましたが、その中でGⅠに出られているのですから、能力はある馬だと思います」


■オッハムのコメント
NF空港に本馬を見学に行ったのがちょうど1年前の5月。記事はコチラ。

とにかく風の強い日だったなーというのが印象に残っており、
馬の印象はそんなに強く残ってないんですよね。。。

そんな馬がまさか1年後にG1レースに出走するとは、ほんとうにビックリ。
遅生まれでもありますし、まだまだ成長途上。

ここ3走はなんとも歯がゆいレースが続いてますけど、
重賞レースですからね、しょうがないです。

夏場の期間は成長放牧にあてて、さらに成長した姿を
秋以降に競馬場で見たいと思います。

とりあえずは、お疲れさまでした。

comment 0 trackback 0
back-to-top