02.20
Mon

○スナッチマインド(父:ディープインパクト) 6歳メス

スナッチマインド08

スナッチマインド06


■クラブ公式
2017/02/20
<レース結果>
スナッチマインド  
2/18(土)京都11R 京都牝馬ステークス(GⅢ)〔芝1,400m・18頭〕3着[5人気]
まずまずのスタートを決めると、道中は13番手を追走、外から厳しいプレッシャーを掛けられながらも、直線に入って追い出しにかかります。ヨレることなく最後まで懸命に脚を伸ばしたものの、上位に届かず3着でゴールしています。

浜中俊騎手
「前走の時より明らかに体に張りが出て、返し馬の雰囲気がとても良かったです。ここは何としても決めたかったのですが、向正面で終始外の馬に被せられたうえに何度もぶつけられてしまい、その影響で馬が怒って折り合いを欠いてしまいました。本当なら前にいたレッツゴードンキと同じように上がっていくつもりでしたが、スムーズさを欠いてしまった分、差を詰め寄ることができませんでした。相手が人気上位馬なら致し方ありませんが、人気薄の相手にそこまでマークされる理由がもうひとつ分からないですね。自己条件とは違い、重賞だとそこまで甘くないと思っていましたが、最後まで懸命に脚を伸ばして頑張ってくれただけに、スナッチマインドには本当に可哀そうなレースになってしまいました」

岡田稲男調教師
「前走後、短期放牧を挟んだことで、心身ともに良い状態でレースに向かうことができましたし、仕掛けどころさえ気を付ければ十分勝負になると思っていました。良い枠を引きましたし、勝負処で外に出す形が理想だなと思っていましたが、向正面では見た目以上に外からのプレッシャーがきつかったようです。前半あれだけ折り合いを欠いてしまいましたから、厳しい競馬になると思ったものの、ジョッキーのゴーサインにしっかり応えて最後まで諦めずに差を詰めてくれました。勝負ごとなので不利はつきものだと思いますが、スムーズなら2着はあったでしょうから、本当にもったいないレースになってしまいました。3月一杯で引退が決まっていますし、今後は母馬としていい子を産んでもらいたいですから、このまま無事に牧場へ送り出してあげるのが最善ではないでしょうか」

これを受け、今後について協議を行った結果、誠に残念ではございますが、このまま引退させることと致します、近日中に競走馬登録抹消の手続きが取られ、今後は繁殖牝馬となる予定ですが、詳しいご案内は後日書面にて出資会員の皆様にご案内申し上げます。

■オッハムのコメント
スナッチマインドが引退することになりました。

シルクに入会検討する際に、出資した2頭のうちの1頭で
結構ギリギリまで残っていました。

白老F産の牝馬だからか、調教師の不人気さなのか、なぜか売れ残っていた馬です。

調教の動きを見て、「NF育成×ディープ牝馬×順調×調教の動けている」、
・・・「この馬がなぜこの時期まで売れ残ってるの?」と不思議に思いつつ、出資しました。
今だったら確実に一次で満口の馬なのでラッキーな時代でしたね。

戦績は「5-9-2-4 :20戦5勝」
2着が多いシルバーコレクターでした。

抜け出すとソラを使う癖があり、仕掛けどころが難しい馬だったこともあり、
それが一番影響していたと思います。

5勝中4勝は浜中騎手が鞍上です。
手が合うというのは、こういうことを言うのでしょうね。

シルクは退会方向で現2歳も出資しておりません。

スナッチマインドの子供が募集されたら、、、
うーむ、その時考えます。

大きなケガもなく競走生活を全うできたこと、
競馬を楽しませてくれたこと、本馬・岡田先生・浜中騎手・クラブ
すべての皆さんに感謝いたします。

スナッチ、本当にお疲れさま。
いいお母さんになってね。

スポンサーサイト
comment 0 trackback 0
02.18
Sat

○スナッチマインド(父:ディープインパクト) 6歳メス

スナッチマインド08


出走レース:2/18(土) 京都11R 京都牝馬ステークス(GⅢ) 芝1,400m 浜中俊騎手

結果:3着

■クラブ公式
浜中俊騎手
「前走より状態が良いのが伝わってきましたし、これなら十分良い競馬をしてくれると思いました。ただ、終始外からプレッシャーを掛けられた為、馬が怒って折り合いを欠いてしまいました。最後まで頑張って脚を伸ばしてくれましたし、スムーズならもっと差を詰めていたと思うだけに、残念なレースになってしまいました」と話していました。

■オッハムのコメント
3着。惜しかったですね。展開が向けば2着はあったかも。
レッツゴードンキ1着は変わらないかな。

2着だったら賞金加算して、高松宮記念にチャレンジという線も
あったかもしれませんが、これで引退となるような気がします。

月曜日のクラブの更新待ちですね。

comment 0 trackback 0
02.17
Fri

○スナッチマインド(父:ディープインパクト) 6歳メス

スナッチマインド06


出走レース:2/18(土) 京都11R 京都牝馬ステークス(GⅢ) 芝1,400m 浜中俊騎手

■クラブ公式
2017/02/16 <近況>
在厩場所:栗東トレセン 調教内容:15日にCWコースで追い切り 次走予定:京都2月18日 京都牝馬ステークス(GⅢ)〔浜中俊〕 岡田稲男調教師「15日にCWコースで追い切りました。ここまで進めてきた限り、鼻出血の影響もなく、とても順調に調整することが出来ました。普段からなるべく角馬場でじっくり時間を掛けて乗り込んできましたが、それが上手くいっているように感じます。元気の良いところを見せているものの、落ち着きは保っていますので、悔いのない仕上げで京都牝馬ステークスに向かえそうです。去年は仕掛けどころさえ間違っていなければ、十分勝ち負けしていたでしょうし、今回は相性の良い浜中騎手に乗ってもらえるのは大きな強みですから、リベンジして重賞を制覇してほしいですね」
2017/02/16 <出走情報(確定)>
スナッチマインド  2/18(土)京都11R 京都牝馬ステークス(GⅢ)〔芝1,400m・18頭〕54 浜中俊 発走15:35

■オッハムのコメント
満を持しての登場。

6歳3月の引退は確定事項。
結果次第では今回が最終出走かもしれません。

鞍上は浜中騎手。スナッチマインドを一番わかっている騎手が鞍上です。
ソラを使う馬を4コーナーで先頭に立たせた去年の鞍上とは違います。

無事にゲートイン、そして、不利のないレースを期待しております。
可能であれば、去年のリベンジを。

頑張れ、スナッチマインド。

comment 0 trackback 0
02.12
Sun

○セカンドエフォート(父:ワイルドラッシュ) 4歳牡

セカンドエフォート03

■出走レース 2月12日 小倉7R 4歳以上500万下 ダート1700m 小崎騎手

■結果 2着


■クラブ公式
2017/2/12
小崎綾也騎手
「スタートもまずまずでしたし、今回は行きっぷりが良かったですね。勝ち馬が捲ってきた時に引いたらダメだと思い一緒に気合をつけて行きました。最後まで頑張ってくれたように、距離も大丈夫そうです」と話していました。

2017/02/09
(在厩場所:栗東トレセン)
村山明調教師「8日に坂路で追い切りました。競馬を想定してラスト2ハロンから徐々にペースを上げていきましたが、しっかり末脚を伸ばしてくれました。今回は小倉のダート1,700mを試すことにしましたが、スパッと切れるタイプと言うよりは、未勝利戦を勝ち上がった時のように、外から押し上げていく競馬が合っていると思うので、コーナー4つを上手く利用しながら競馬をしてほしいと思っています。距離は一度1,800mを試した時は案外でしたが、小回りの1,700mなら対応してくれると思います」

■オッハムのコメント
外厩施設ではNFしがらきが日本一の施設だと評判です。

三重県の名張トレーニングセンターに放牧に出された時には、
この馬はもう期待されてないのかなと判断しておりました。(すいません)

名張トレーニングセンターでのフォーム矯正がうまくされたようで、
今回のレースでの走るフォームは別馬になったかのようでした。

NFしがらきが必ずしもBESTの選択とは限らないんですね。
今回の過程は村山先生に感謝です。

500万下の目処はたった感じがします。
(今回のメンバーレベルに疑問が残りますが)

できれば降級前に1勝したいですね。

comment 0 trackback 0
01.05
Thu

○ナイトバナレット(父:ディープブリランテ) 3歳牡

ナイトバナレット03
(※2016年5月 牧場見学時)

出走レース:1月5日(木) 中山9R ジュニアカップ 芝1600M 中谷騎手

結果:1着

■クラブ公式
中谷騎手
「向正面で少しハミを噛みそうになる場面がありましたが、何とか我慢してくれました。最後は凄い脚で伸びてくれましたし、この先が楽しみですね」と話していました。

■オッハムのコメント
いやー驚いた。まさか勝つとは。。。
パソコンでレース映像見ながら、「マジか!!!」と叫んでしまいました。

レース後にふと気づいたんですけど、
一口馬主14年目にして、牡馬のOP勝ちは初めてです。

牝馬は結構OP勝ってるんですけどねー、
牡馬は準OP勝ちがこれまで最高でした。(OP2着は経験あり)

情報によると中谷騎手でNHKマイルを目指すみたいですね。
ステップレースはファルコンS使わないかな。
左周りで直線長いので、本番前にいいと思うのですけど。

このまま無事にいってほしいですね。


comment 0 trackback 0
back-to-top