05.06
Sat

○レッドアヴァンセ(父:ディープインパクト) 4歳メス

レッドアヴァンセ12

出走レース:2017.05.06 (土) 京都10R パールS(牝) 芝1800 池添謙一騎手

結果:2着

■クラブ公式
2017.05.06
5月6日レース後コメント(2着)
池添騎手「前走1400mを使って今日は1800m。距離は延びましたが掛かる感じもなく、道中はスムーズに走れていたと思います。人気のワントゥワンとミエノサクシードより前で運んでいたので、勝負処では相手の動きを見る余裕もありました。追ってからも反応は良かったし、脚もちゃんと使えていたんですけどね。今日は勝ち馬が一枚上手でした。それでも距離の影響で負けたとは思っていませんし、この後も1400mを使うよりは1600~1800mの番組で使った方が良いと思いますあと乗っていて気になったのは、直線で舌を出して走っていることですね。先生にも伝えましたが、次走からは舌を縛ってみてもいいと思います。良い馬に乗せてもらっていただけに当然ここはチャンスという気持ちで臨みましたが…悔しいですね、すみません」

音無調教師「勝てると思いましたが、今日は展開もありますけど相手の決め手が上でしたね。それでも勝ちにいっての結果ですし、池添騎手もしっかり乗ってくれたと思います。距離は縮めるよりも、今日くらいかマイルで使いたいと考えています。この後については厩舎に戻って脚元や状態を見てからにはなりますが、むらさき賞(5月28日/東京・芝1800m)、またはクラス編成後で権利内に使える三木特別(6月3日/阪神・芝1800m)を次走予定として考えています」


■オッハムのコメント
いやー良かった。先を考えられる2着でした。

もちろん勝ちたかったですけど、前走のダメージを考えると、
今回アヴァンセが競馬に前向きに走ってくれたことが一番の収穫かなと。

距離は1800でもいけるのがわかったのは収穫。
舌を出して走るのは次の課題。

次走池添騎手に続けて乗ってほしいですね。
もしくは好調の武豊騎手も乗ってくれるのであれば。


スポンサーサイト
comment 2 trackback 0
03.11
Sat

こんにちは。
3月中旬とはいえ寒い日が続いております。
地域によっては、雪が舞ったみたいです。

暖かくなるのは喜ばしいですが、花粉症がしんどくなるので
なんともトレードオフな季節が始まります。

タイトルの通り、2歳馬に追加出資しました。




○レッドレグナント(エンプレスティアラ15) 父:ロードカナロア 2歳メス

エンプレスティアラ15_02

■クラブ公式
2017.03.08
第1回産地馬体検査(4月)の予備登録をおこないました。産地馬体検査を受検することとなった場合は、受検後にトレセンもしくは美浦近郊へ運び、6月の東京デビューを目標に進めていく予定です


■オッハムのコメント
3月8日(水)に近況が臨時更新 
⇒ 3月9日(木)に「残口わずか」 
⇒ 3月10日(金)に満口発表。

8・9日の2日間で一気に応募が入りました。
それだけ様子見している人が多かったのですね。

私は9日(木)の18時過ぎに応募申し込みをしたのですが、
そのタイミングで結構ギリギリだったみたいです。

申し込めたのは、まあ縁があったということでしょう。

出資理由は前回書いたとおりです。

牝馬に出資するのは2年ぶりです。どうなりますか。

comment 0 trackback 0
02.23
Thu

○レッドカイザー(父:ゼンノロブロイ) 6歳牡 角居厩舎

レッドカイザー01

■クラブ公式
2017.02.22
(角居厩舎)
本日は坂路にて追い切りました。
 坂路 53.2-38.9-25.3-12.9 仕掛け
助手「単走での追い切りだと気分よくマイペースで走れますね。ヘタに追うと反抗してやめてしまうのでテンから馬任せで出る分だけ行かせましたが、ずっといい感じでした。でも、残り1Fを切ってから後ろから馬が迫ってきたところから周りを気にしだして逆噴射してしまいそうな雰囲気でした。単走の方がいいのは明らかですが、競馬はそうはいきませんからね。極端な競馬をしてもらうしかなさそうです」 

2017.02.16
(角居厩舎)
本日はひき運動の調整でした。
助手「きのうの追い切りに騎乗したスタッフによるとまだ重かったとのことですが、見た目はそこまで太いとは思いません。馬体重は496キロ。馬体には張りがあってこの時期としては毛ヅヤもいいように状態も悪くないのですが、走らせると思ったようには動いてくれませんね。追われると体が反らせるようにして止めていたので調教でシャドーロールを試してみます。これまでも色々試してきましたし、以前シャドーロールを試したこともあった気がしますが、いま思いつく方法はそれくらいです」

■オッハムのコメント
レッドアヴァンセの更新はありましたが、まだモヤモヤしているので
アヴァンセ号については少し時間を置いてから書きます。

さて、レッドジョーカー・スナッチマインド引退した今
出資馬最年長は本馬です。

正直なところ角居厩舎になぜ置いてくれているのか不思議な馬です。
転厩になってもおかしくない成績だと思われます。

3歳時に2勝目をあげた時には期待してたんですけどね。
年齢を重ねるにつれて、段々とロブロイ産駒特有のズルさ・気分屋さが増してきました。

本馬に限らず、ロブロイ産駒全般を見ていると、
「真面目に走るのも才能」だとつくづく感じます。

気性面もあるので、戦法は逃げ・追い込みの2択です。
メンバーと展開次第ですね。

レースではシャドーロール使うのでしょうか?
comment 0 trackback 0
02.21
Tue

こんばんは。

2015年産は現在出資馬2頭です。

○社台
ダノンベルベールの15 (父:シンボリクリスエス) 2歳牡 社台F産

○東サラ
レッドレオン・レッドエルザの15 (父:ディープインパクト) 2歳牡 NF産
 



2頭だとちょっと寂しいので
久しぶりに牝馬を追加出資しようかなーと考えております。

現在様子見をしているのがこちら。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

エンプレスティアラ15_01

○エンプレスティアラの15(父:ロードカナロア) 2歳メス NF産

☆セールスポイント
・天下のNF産
・馬体重が現在496kg。馬体重で泣くことはない。
・新種牡馬ロードカナロアは期待大。
・調教順調で早期デビューも視野。
・全然人気がない(←重要)

というわけでギリギリまで様子見します。
現状出資するかは五分五分ですね。
comment 0 trackback 0
02.19
Sun

○レッドアヴァンセ(父:ディープインパクト) 4歳メス

出走レース:2017年2月19日(日) 京都 11R 斑鳩ステークス(1600万下) 芝1400M 佐藤友則騎手

結果:8着

■クラブ公式
2017.02.19
2月19日レース後コメント(8着)
佐藤騎手「下手に乗ってしまい、本当にすみませんでした。馬は良い状態でしたしスタートも決められましたが、慌てずに行ったものの仕掛け処で僕が上手く捌けなくてポジションを悪くして、追い出すのに時間が掛かってしまいました。結果論ですが、もっと我慢してスペースが開くのを待つか、腹を括って早めに外に出していれば…。これだけの馬に乗せてもらいながら、結果を出せず馬にも申し訳なく思います」


■オッハムのコメント
昼に予定があったので、先ほどVTRでレース見ました。

・・・最悪ですね。

中段内目でうまく裁けず、鞍上あわてて大外に無理やり持ち出す、
上位騎手をおさえられなかった段階で、力を出しきれない可能性は
多少想定していましたが、その中でも最悪のレース運びでした。

笠松のリーディングジョッキーらしいですけど、
なんで4コーナー手前で前がつまったタイミングで、
直線空くのを我慢しなかったか(できなかった)のかさっぱりわからない。

馬の意思に反する嫌な乗り方だったので、
アヴァンセの馬体・メンタルにダメージが残らないといいんですけど。

ここまでレース後に気分が悪かったのは、
1年前の京都牝馬S・スナッチマインド以来です。

うーん、切り替えるしかないですね。


comment 2 trackback 0
back-to-top