06.22
Sat
それでは久しぶりに出資馬の近況をまとめたいと思います。

まずは、広尾TC。該当は1頭です。




○フェイムロバリー(父:ジェイドロバリー) 8歳牡
フェイムロバリー_777

◆クラブ公式◆
【6月19日】
 UPHILL在厩。引き続き、おもに周回コースにて普通キャンター4500mを乗り込まれています。
「帰厩に向けてしっかりと乗り進めており、トモの感じなども気になるところはありません。以前は気持ちが先行するような面のあった本馬ですが、今はゆったりと落ち着いて走れるようになっていますね。乗り味やフットワークについては、以前と変わりなく良好です」(木村マネージャー)

◆オッハムのコメント◆
UPHILLは滋賀県甲賀市にあるらしい。

放牧されて2ヶ月経過。

この馬の我慢は年内か。
スポンサーサイト
comment 0 trackback 0
04.18
Thu

◎フェイムロバリー

◆クラブ公式◆
【4月17日】
12日(金)に島上牧場へ放牧に出ています。
「レース後の疲れのひとつとして様子を窺っていた左トモの球節部ですが、日数が経過してもなお、腫れや熱感が治まらない状況。通常であれば1~2日でスッと引いてきますので、どうやらレース中に捻ってきた可能性が高そうです。伸縮する箇所だけに、まずは過度の運動を控え、外厩で回復状況を確認していきます」(小崎調教師)
「歩様には見せていませんが、まだ熱感を伴う腫れが残っている状況。目下はウォーキングマシン運動のみとし、消炎剤で抑えにかかり、冷却を続けることにより、回復を待ちたいと思います」(幣旗マネージャー)

◆オッハムのコメント◆
「出資した馬は最後まで面倒を見るlポリシーは
今も変わりません。ただ、この馬に関しては
ちょっと疲れてきました。

8歳という年齢と、連戦がきかない体調面、
まあしょうがないけど、どこまでこの状況が続くのかね。

我慢。
comment 0 trackback 0
03.15
Fri
○ユナイテッドウィル
ユナイテッドウィル01


◆クラブ公式◆
【3月13日】
 本日付けで競走馬登録を抹消いたしました。なお、出資会員の皆様には詳細を書面にてお送りいたします。到着まで今しばらくお待ちください。これまでのご支援に対しまして心より御礼申し上げますとともに、転厩以降、未勝利での引退となりましたこと、お詫び申し上げます。ご声援、誠に有難うございました。

◆オッハムのコメント
当初予定どおり引退レースをむかえました。
奇跡の未勝利勝ちができたのがよかったのかどうか。

繁殖牝馬になれるのかな?
牧場に戻ったらゆっくりしてください。

これで広尾勢はフェイムロバリー1頭になりました。
ファイナルカウントダウン。
comment 0 trackback 0
01.16
Wed
○ステラリード
ステラリード01

◆クラブのコメント
【1月18日】
 本日付けで競走馬登録を抹消いたしました。なお、出資会員の皆様には詳細を書面にてお送りいたします。到着まで今しばらくお待ちください。これまでのご声援に対しまして、心より御礼申し上げます。長きにわたるご支援、誠に有難うございました。

【1月17日】
 レース後は、当日のうちに島上牧場へ移動。近々での競走馬登録抹消を予定しております。なお、出資会員の皆様には、抹消手続き完了後に詳細を書面にてお送りいたしますので、発送まで今しばらくお待ちください。
「ここ数戦の落ち着きが3歳の頃にあれば、また色々と違った調教も施せたのかもしれませんが、およそ年10走ペースでここまで本当によく頑張ってくれましたよね。前走はパドックを周回している際、あちこちから写真を撮られているのが分かりましたし、えらい視線を感じました(笑)。改めてファンに恵まれている馬なんだなと思いましたね。脚元にまったく不安のない頑丈な馬でしたから、きっといい仔を出してくれるのではないでしょうか。たくさんの応援に感謝します」(日高助手)


◆オッハムのコメント
改めまして先週末にラストランを迎えたステラリードの振り返りです。

わが出資馬初の重賞勝ち馬。
それだけで特別な存在の1頭です。

G1にも3度出走してくれました。阪神JF・桜花賞・オークス
6歳春まで大きなケガもなく、走ってくれたのは、まさに無事是名馬です。

こんな馬に今後もめぐり会えたらいいですね。


~出資当時の振り返り~

一口をやっていれば重賞勝ちは誰もが目指す目標。
ただ年数頭ペースの出資では、難しいのだろうなと思っていました。

この馬に出資したのは、正直“たまたま”です。
当時出資していたもう1頭の調教ペースがあまりにもスローだったため、早期デビューできる馬も探した中で偶然見つけただけです。調教もよかったので、未勝利は勝てるかなと。

当然、写真・近況・動画はチェックした上で判断ですが、その他の出資理由は後付けです。

~振り返り/おわり~

■改めて一口出資に思うこと
デビュー直前まで見極めた上での出資ができるのなら、それがベストだとは思います。
僕の出資馬の成功パターンはこれが非常に多い。

社台・サンデーTCはこれができないのが辛いですね。

重賞ウィナ-なので、産駒は広尾TCで募集されるのでしょう。
今後は母としての活躍を期待しています。
comment 0 trackback 0
01.13
Sun

○ステラリード
ステラリード01


◆クラブのコメント
【1月12日】
 互角のスタートから、前半は中団の最内。経済コースを通って徐々に先団に取り付き、直線でも懸命に末脚を伸ばしましたが、結果10着での入線となっています。
「好発から馬群の後ろで折り合って、手応えもありましたが、最後のもうひと弾けがなかったですね。そのあたりが年齢なのでしょうか。ラストランと聞いていましたので、注文通りのレースができたのは良かったですし、何より無事に回ってこれて安心しています。いい仔が産まれたら、また乗せて欲しいですね」(福永騎手)
「最後のもうひと踏ん張りが利きませんでしたが、鞍上がイメージ通りに乗ってくれたことですし、悔いの残らない競馬にはなりました。近いうちにでも登録を抹消して、北海道に送ってあげましょう。ここまで本当によく走ってくれました」(森調教師)
◆着順こそ奮いませんでしたが、直線で見せ場を作り、勝ち馬からコンマ5秒差でのゴール。理想的な展開に持ち込めたこと、また無事にレースを終えられたこともあり、陣営も笑顔で労をねぎらうラストランになりました。重賞制覇を含む全31戦、大きなケガもなく頑張り続けてくれた本馬に、今一度温かい拍手を送っていただければ幸いです。そして、今後はその産駒たちに夢を託していきたいと思います。ご声援、誠にありがとうございました。(HTC)

◆オッハムのコメント
ステラリードが無事にラストランを終えました。
とりあえずお疲れ様。思い出は色々とあるので別途書きます。

comment 0 trackback 0
back-to-top