10.31
Mon
◆クラブのコメント
【10月30日】
 まずまずのスタートから、前半は最後方で折り合いに専念。3~4角より外を回って一気に押し上げ、直線に向いて先頭に立つ勢いでしたが、残り200mで失速。結果7着での入線となっています。
「『最内枠でしたので、スタートが決まれば逃げてもよい』との指示。ただ、ゲートもそれほど速くなかったですし、周りも行こうとしていましたので、後ろからになりました。道中はこの馬なりに辛抱が利いていたものの、出掛けに一瞬行く姿勢を見せた分、ガツンとハミが掛かる格好に。結果マクる形になりましたが、もう少し仕掛けを我慢してもよかったですかね。ダートも結構合いそうですし、距離はもう1ハロン短くてもイイかも。やはり終いに脚を使う競馬のほうが向いていそうです」(丸山騎手)
「結果的には最近のような後方からの競馬になりましたが、今日はダートの最内枠だったため、同じポツンでも、行けるようなら前へ行ってもらおうかとも思っていました。着順はひと息でしたけど、内容は悪くなかったですよね。ダート1400mなら番組が多く組まれていることですし、選択肢が広がったという意味では、価値ある一戦になったと思います。ただ、短距離のダート戦は頭数が混み合いますので、このあとはリフレッシュを兼ねて適度にレース間隔をあけてから、目標を定めていきましょう」(森調教師)


◆オッハムのコメント
正直驚きました。

全く期待せずにレースを見ていたのですが、
4コーナーを捲くっていった時には、
先頭を捉える勢いもあり、
十分に見せ場のあるレースでした。

意外とダート走るかもしれません。

最近月1ペースでずっと走ってくれているので、
十分にリフレッシュしてほしいですね。
スポンサーサイト
comment 0 trackback 0
back-to-top