12.31
Tue

それでは最後に1頭ずつコメントしていきたいと思います。
※記載は年齢順




○フェイムロバリー(父:ジェイドロバリー) 8歳牡 広尾TC
0-0-0-0-1

・・・この馬に関してはノーコメント。
出資馬についてどこまで責任を持つべきか迷うところ。

○レッドジョーカー(父:キングヘイロー) 5歳牡 東京TC
0-0-0-0-1

屈腱炎からの復帰待ち。来年の春か夏頃かな。
能力はあると思うので、来年一杯までは期待。

○レッドグルーヴァー(父:エニーギヴンサタデー) 4歳牡 東京TC
2-2-2-0-2

今年のダントツMVPはこの馬。

平地500万・障害未勝利と2勝もしてくれました。

回収率とか関係なく、この馬凄く好きです。
なぜかはわかりませんが非常に愛着があります。

年明けは平地・障害どちらにいくのか楽しみですね。

○レッドクラウディア(父:アグネスタキオン) 4歳メス 東京TC
0-2-3-0-3

この馬への期待値は非常に高いゆえ、
どうしても見方が厳しくなってしまいます。

3着3回がすべて重賞なんですよね。
もちろん立派な成績ですけど、
1回でも2着に入っていれば。。。

○リアルエンブレム(父:ウォーエンブレム) 3歳牡 サンデーTC
1-0-0-0-2

未勝利勝ちは嬉しかったですねー。

牧場見学ツアーで牧場関係の方に、
社台サンデーでの初出資馬が
勝ちあがったことを伝えたら結構驚かれました。

逆に考えれば、まあ、そういうことなのね。

○レッドカチューシャ(父:ディープインパクト) 3歳メス 東京TC
1-1-0-2-2

矢作厩舎の中で序列が低いですよね。

それを感じた1年でした。転厩だとうれしいかと。

○レッドオーディン(父:ジャングルポケット) 3歳牡 東京TC
0-3-1-1-3

芝馬は見極めが難しい。

柔らかいとゆるいの判断がつかないと
なかなか出資しづらい。

いい勉強になったな。

○レッドロンメル(父:スペシャルウィーク) 2歳牡 東京TC
1-1-0-0-0

ダート未勝利を勝ち上がりましたが、
この馬はまだまだこんなもんじゃない。

ダート路線であれば、まだまだ活躍できるはず。

この世代の一番の自信馬と公言していたので、
ほっと一安心。

○レッドカイザー(父:ゼンノロブロイ) 2歳牡 東京TC
1-0-1-0-2

サセッティの血統は脚元の弱さがあるので、
丈夫な(イメージのある)ロブロイつけるといいかもな、
と出資したのがうまくはまりました。

私の出資馬の中では大変珍しい「叩き良化型」ということで
年明けの福寿草特別も非常に楽しみです。

クラシック路線に出走できないかなー。

○レッドメイヴ(父:ディープインパクト) 2歳メス 東京TC
0-2-1-0-0

出走さえできれば勝ち上がりは問題なさそう。

復帰戦は要注目。

○スナッチマインド(父:ディープインパクト) 2歳メス シルク
0-1-0-0-0

この馬走ると思うんですよね。

新馬戦は中京で見てましたが、
すぐ勝ち上がるレベルと思ってました。

陣営もクラシックに乗せたいと言っていましたし、
牝馬ならまだチャンスあるんじゃないかと。

早く1勝してトライアル使いたいです。

○グロリアストレイル(父:ネオユニヴァース) 2歳牡 シルク
0-0-1-0-2

レースっぷりはかなり大味ですけど、
左回り専用馬として見れば、なかなかいい馬かと。

次回は2月東京開催らしいので、
十分勝ち負けだと思います。

○アルレジェンヌ(父:フレンチデピュティ) 2歳メス 社台TC
0-0-0-0-2

「体力がついてくれば」というのが曲者ですけど、
成長間に合えばダート短距離では勝てると思います。

1戦目、2戦目を比較するとレースぶりは
明らかに向上していますので、才能はありそう。
スポンサーサイト
comment 0 trackback 0
back-to-top