02.23
Thu

○レッドカイザー(父:ゼンノロブロイ) 6歳牡 角居厩舎

レッドカイザー01

■クラブ公式
2017.02.22
(角居厩舎)
本日は坂路にて追い切りました。
 坂路 53.2-38.9-25.3-12.9 仕掛け
助手「単走での追い切りだと気分よくマイペースで走れますね。ヘタに追うと反抗してやめてしまうのでテンから馬任せで出る分だけ行かせましたが、ずっといい感じでした。でも、残り1Fを切ってから後ろから馬が迫ってきたところから周りを気にしだして逆噴射してしまいそうな雰囲気でした。単走の方がいいのは明らかですが、競馬はそうはいきませんからね。極端な競馬をしてもらうしかなさそうです」 

2017.02.16
(角居厩舎)
本日はひき運動の調整でした。
助手「きのうの追い切りに騎乗したスタッフによるとまだ重かったとのことですが、見た目はそこまで太いとは思いません。馬体重は496キロ。馬体には張りがあってこの時期としては毛ヅヤもいいように状態も悪くないのですが、走らせると思ったようには動いてくれませんね。追われると体が反らせるようにして止めていたので調教でシャドーロールを試してみます。これまでも色々試してきましたし、以前シャドーロールを試したこともあった気がしますが、いま思いつく方法はそれくらいです」

■オッハムのコメント
レッドアヴァンセの更新はありましたが、まだモヤモヤしているので
アヴァンセ号については少し時間を置いてから書きます。

さて、レッドジョーカー・スナッチマインド引退した今
出資馬最年長は本馬です。

正直なところ角居厩舎になぜ置いてくれているのか不思議な馬です。
転厩になってもおかしくない成績だと思われます。

3歳時に2勝目をあげた時には期待してたんですけどね。
年齢を重ねるにつれて、段々とロブロイ産駒特有のズルさ・気分屋さが増してきました。

本馬に限らず、ロブロイ産駒全般を見ていると、
「真面目に走るのも才能」だとつくづく感じます。

気性面もあるので、戦法は逃げ・追い込みの2択です。
メンバーと展開次第ですね。

レースではシャドーロール使うのでしょうか?
スポンサーサイト
comment 0 trackback 0
back-to-top