FC2ブログ
--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

06.18
Sun



ブログにお越しいただいた方へ

※この時期、社台募集関連のブログ巡回されている方多いと思いますが、
 素人の戯言ですので、適当に流してもらえると幸いです。



皆様、おはようございます。

北海道より帰ってまいりました。
ツアーは天気に恵まれ、快晴でした。

天気2017


■更新の進め方
これから順番にアップしていきますけど、
今回は次のやり方でいこうかと。

牧場の方のコメント、私の見た感想等の、
テキスト情報部分の更新をすべての牧場分進めます。

上記完了後に、写真のアップは、順番に行います。

理由としては最近PC変えたため、画像編集がまだまだ手探りなのと、
人のボカシ加工に時間かかりそうなので。

途中で力尽きた(or時間がない)場合は、写真はあきらめるかもなので、
その点はあまり期待しないでおいてください(苦笑)
(※この馬だけはUPしてほしい、という要望あればコメント欄にください。)


牧場見学ツアー順に、
<NF空港> ⇒ <早来F> ⇒ <NF遠浅> ⇒ <追分> ⇒ <社台F>
で更新していきます。



■新種牡馬傾向
個別の馬のレポートを書く前に、種牡馬傾向から。
牧場の方に、「ロードカナロア」「オルフェーヴル」「ジャスタウェイ」の牧場評価について聞いてきました。

「ロードカナロア」
どの産駒にも父が強く出ている。1歳~2歳にかけて馬体が成長する産駒が多く、1歳募集時に馬体重なくても、
成長するので、その点はあまり心配しなくてもよい。ロードカナロア自身も500前後で競馬していた馬なので。

見た目以上に馬体重がある馬が多いのも特徴で、それだけ筋肉がつまっている証拠。

距離は2000まではいけるのでは。ロードカナロアは気性面の問題で短距離だっただけなので、
馬体は短距離限定の体ではない。気性がどう出るかで適正に幅がでそう。

「オルフェーヴル」
母系に出てくる産駒の馬体はバラバラ。距離・芝ダート等は、母系によって色々と出てくるのでは。
オルフェ自体も450前後の馬なので、産駒の馬体重はそこそこの馬が多い。

気性面は心配していたが、ステイゴールド産駒よりは多少扱いやすい(あくまでも多少マシなレベル)
とはいえ、オンオフがはっきりしているので、そこはステイ系。オンになったらヤバいのは変わらない。

成長はゆっくり。2歳になってガラっと変わる馬が結構いる。
2歳夏から使えるタイプではない。

体高がある産駒だと、幅はあとからついてくる馬もいるので、
現状頼りない馬体していても成長で変わってくるかも。

「ジャスタウェイ」
ハーツクライに似て、1歳時ではひょろっとした細いタイプの馬が多い。
ハーツ系のガニ股が産駒にモロに出てしまっており、クラブに出せなかった馬が結構いる。

アベレージタイプではなく、一発長打を狙う種牡馬になるのでは。



では次からは、各牧場について書いていきます。
スポンサーサイト

comment 0
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。