FC2ブログ
--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09.02
Sat

〇レッドレグナント(父:ロードカナロア) 2歳メス

レッドレグナント01

出走レース:2017.08.26 (土) 札幌 2歳未勝利 芝1500 J.モレイラ騎手

結果:1着

■クラブ公式
8月26日レース後コメント(1着)
モレイラ騎手
「いいスタートが切れて、少しずつ促す必要はありましたが、好位で競馬ができました。もちろん1500mでも大丈夫でしたが、今日のイメージだと現状マイルくらいがベストだと思います。これからの成長次第では1800mまではこなせるようになるかもしれません」
大竹調教師
「ここは完勝でした。決めることができて良かったです。明日、ノーザンファーム早来に放牧に出して、次走は秋の東京開催を考えています」

2017.09.01
(ノーザンファーム早来)
レースの翌日に入場。28日の計測で456キロという馬体重でしたが、飼葉も食べていますしね。マシン運動で疲れを抜いていっている状況でもありますので、シルエットを見ても体はすでに戻っていると思います。レースで頑張ってくれた直後ですが、体調面を含め、脚元などにも問題はありませんのでご安心ください。馬のコンディションにもよりますが、来週末あたりの移動もあるとのこと。今日からトレッドミルでの運動に切り替えていますので、次もまた素晴らしいパフォーマンスを発揮できるよう、移動も視野に心身のリラックスを図っていくことをテーマに進めていきます。
※次走は10月1日(日)の中山・サフラン賞(牝・芝1600m)が予定されています。

■オッハムのコメント
1週間遅れの更新。

2歳世代初勝利です。3歳世代は牡馬のみ出資だったので、
久しぶりの牝馬出資でいきなり勝ち上がり。
それもなかなか強い勝ち方でした。

2歳で勝ち上がるとクラシックの夢をみれるので面白味が増します。
次走はオープン挑戦もあると思いましたけど、
確実に条件戦からいくみたいですね。

次走も期待大。




(参考・東サラHPトップ)
レッドレグナント、雷神モレイラを背に圧勝!

デビュー戦3着時以来2ヶ月以上ぶりの実戦、
他馬でも着順の良い馬はそれなりに出走していましたが、
鞍上効果もあったのか圧倒的な人気に支持され、
その人気にしっかり応えて圧勝劇を演じたレッドレグナント

初戦は立ち遅れて絶望的な位置取りから能力だけで3着。
今回もスタートがカギでしたが、難なくクリアすると
鞍上のモレイラ騎手はレグナントを先団へと誘います。
名手の手綱ですから当然掛かったわけでもないのですが、
初戦とはあまりにも異なるレース振りに一瞬戸惑いを覚えます。
しかし、道中の落ち着いた走りは早々に勝利を予感させるものでした。

勝負どころで他馬の手綱がせわしく動く中、
ただ一頭悠々と先団に並びかけ、直線を迎える時には
一気のスピードで早くも先頭を奪っていたのでした。
2歳若駒の未勝利戦と比べるのはおこがましくもありますが、
引退レースの有馬記念を圧勝したオルフェーヴルのあのまくり、
少しばかりあれを彷彿とさせるような強い内容でした。

直線で後ろを確認した鞍上が手綱を緩めても後続との差は決定的。
スローペースを2番手から抜け出したわけではなく、
逃げてレグナントにプレッシャーをかけられた馬は最下位に敗れ、
1コーナーで最後方にいた馬が展開を味方に2着に差し込んできたのです。
その厳しい流れをつくったのがレグナント自身。
まさにアッパレな内容です。楽しみな若駒が誕生しました。
引き続きレッドレグナント号へのご声援よろしくお願いいたします。


スポンサーサイト

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://specialweek28.blog.fc2.com/tb.php/868-4f9e672e
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。