06.18
Sun

とうとう<社台F>まできました。

社台は「関東・メス」⇒「関東・牡」⇒「関西・メス」⇒「関西・牡」の
順番で入れ替わりで展示されます。

記事4つにわけるほど頭数もいないので、関東・関西は一緒にします。

今回は<社台F・メス>です。

※各牧場 NO順に書いていきます。
※写真はあくまでも掲載予定です。
※牧場の方のコメントは、通常文字。 私(オッハム)の感想は、青色にて記載。

20 ベストロケーションの16(父:ジャスタウェイ) メス 武井厩舎
<写真>

<コメント>
馬体重423キロ。ハーツ系らしくガニ股に出ています。

前さばきが硬めですね。ハーツ系なので、脚付きによってはどうしてもそうなってしまうので、
どこまで許容できるのかじゃないでしょうか。



33 ダンスファンタジアの16(父:シンボリクリスエス) メス 戸田厩舎
<写真>

<コメント>
5月産まれにしては、とてもしっかりとしている。
馬格はあるので、これから成長してくれるはず。

この馬はよいかと。シンクリなので、歩様硬いかなーと思いましたが、
あんまり緩いと父の良さが受け継がれないみたいなんですよね。
シンクリはすでに2頭出資しているので、迷うところ。


71 ベアトリス2の16(父:ヴィクトワールピサ) メス 高野厩舎
<写真>

<コメント>
馬体重431キロ。放牧地ではボス的存在。

胸前の筋肉がとても発達しています。あまりつきすぎると、
前脚のフットワークが重くなるので、ちょっと気になりました。

放牧地での状況から、気性面の強さは間違いなさそうなので、
高野厩舎の調教にあうかですね。



☆余談
社台Fはとても広いです。そのため、バスを降りてから結構歩きます。
展示会場も全牧場の中で一番広いので、一番奥に展示されている馬まで
見に行くと結構な距離があって歩くと疲れます。

牧場の芝生の上を歩くって、アスファルトの上を歩くのより
数倍疲れます。

そのせいもあってか、社台Fの奥側の展示馬は無条件で人が少ないです。
一番最後の関西・牡馬の時は、そもそもみんな疲れていて、バスに戻るか
椅子に座ってる人が多いです。

ちなみに、、、ディープ産駒は一番バスに近い側の展示でした。
ご高齢のお得意様向けに配慮してるんでしょうね。

comment 6
06.18
Sun

続いては<追分F>

ここはとにかく狭い。馬と馬も近いし、馬とバスも近い。
中にはパニックで鳴く馬もおりました。

このぐらい(15時~)になると、だいぶ疲れてくる時間帯なので、
見たい馬だけ見て、サクッとバスに戻る人も増えてきます。

去年までは、バスから出ない人もいましたけど、
今年はみんな馬見てましたね。

活躍馬が出るというのは、それだけ大きいです。

※各牧場 NO順に書いていきます。
※写真はあくまでも掲載予定です。
※牧場の方のコメントは、通常文字。 私(オッハム)の感想は、青色にて記載。

ここできちんと見たのは2頭のみ。G1の馬が多いでしょうがないですね。

31 シナノネージュの16(父:シンボリクリスエス) メス 池上厩舎
<写真>

<コメント>
馬体重は417キロ前後。パワー型。父シンクリの筋肉タイプ。

まあ、シンクリ牝馬としては普通かなと。

117 ガーネットチャームの16(父:ロードカナロア) 牡 鹿戸厩舎
<写真>

<コメント>
馬体重は392キロ。性格は普通の馬だそうです。

結構人気してますよね。カナロア牡馬2000万のお得感なのかな。
見た印象も普通ですね。



☆余談
追分Fは結構時間があったので、G1の馬も1頭ずつさらっと見てました。
特別印象に残る馬はいなかったです。

これで後になって、実はG1ウィナ-・重賞ウィナーがいたという
オチがつきそうですが。

移動タイミングもあるとは思いますが、
リリーバレーで見学会やればいいのにね。
(何年か前にそんな話があったような)
comment 0
06.18
Sun

<NF遠浅>です。ここもいい馬がたくさんいました。

※各牧場 NO順に書いていきます。
※写真はあくまでも掲載予定です。
※牧場の方のコメントは、通常文字。 私(オッハム)の感想は、青色にて記載。

120 サンデースマイル2の16(父:ロードカナロア) メス 田村厩舎
<写真>

<コメント>
人に従順で扱いやすい。脚も長く、筋肉の質もよい。牧場としても期待している。

凄い人だかりでした。常に人がいても、馬は動じず。
トモの形・筋肉の質はカナロア牝馬の中で一番好きですね。
大人気間違いなし。


139 クローバーリーフの16(父:ヘニューヒューズ) メス 中館厩舎
<写真>

<コメント>
現状389キロ。大人しい馬ですね。

146 エクセレンス2の16(父:フランケル) メス 木村厩舎
<写真>

<コメント>
フランケル産駒なので期待して見たんですけど、
これだいぶ硬いですね。フランケル牝馬の活躍2頭とはちょっと違うかな。



152 ジェンティルドンナの16(父:キングカメハメハ) メス 石坂厩舎
<写真>

<コメント>
牧場入り口の一番近い位置に配置されていました。
この馬について、というよりは、血統価値、繁殖価値について
よくお話されていた印象です。つまりは、そういうことなんでしょうね。



153 ブエナビスタの16(父:キングカメハメハ) メス 池添厩舎
<写真>

<コメント>
3番仔にして、ようやくこれはという馬がでました。

ブエナビスタの仔でようやく走りそうな産駒が出てきましたね。
牧場側としては、期待値が高すぎるだけに、その歯がゆさもあるようです。

この馬のレベルになると、ただの重賞勝ちでも納得できない面があるでしょうから、
それはしょうがないですね。


155 キラーグレイシスの16(父:ハーツクライ) メス 高野厩舎
<写真>

<コメント>
現状467キロ。競馬は500キロぐらいでは。馬にも人にも強いタイプ。
放牧地ではボスです。

そういう理由もあって馬体ピカピカでした。
牧場見学行かれた方はわかると思うのですが、
この時期の1歳馬って放牧先でやんちゃしてるので、
たいがい傷だらけの馬が多いんですよね。

バランスがいいので、ただデカい馬ではないと思います。
一方でハーツ牝馬は大型馬が活躍馬はでてないゆえ、
そのデータをどう見るかですね。



161 ハヤランダの16(父:オルフェーヴル) メス 高橋厩舎
<写真>

<コメント>
体高が低くて、小さかったです。


167 ドナウブルーの16(父:ロードカナロア) メス 石坂厩舎
<写真>

<コメント>
カナロア産駒ですけど、馬体見てルーラーシップ産駒かと勘違いしていました。


168 レーヴディソールの16(父:ロードカナロア) メス 松下厩舎
<写真>

<コメント>
落着きがあっていい馬だと思いました。人はすごかったです。
comment 4
06.18
Sun

<早来F・牝馬>です。

同じ場所で、牡馬⇒牝馬と入れ替わるんですけど、
なかなか面白い風景です。

牧場の方が馬を叱る場面も見れて、
普段こうなんだろうなと想像できました。

※各牧場 NO順に書いていきます。
※写真はあくまでも掲載予定です。
※牧場の方のコメントは、通常文字。 私(オッハム)の感想は、青色にて記載。


15 ポルカマズルカの16(父:ロードカナロア) メス 加藤厩舎
<写真>

<コメント>
馬体重は463キロ。レース時には500キロ超えるのでは。普段からの非常に大人しく動じない。
先週のツアーは雨で、各馬さわいでいたが、我関せずのスタイルでした。

トモが目立つ馬ですね。見た目の印象でそれが一番です。
あまりにも動かないので、走る気があるのかどうかですね。



35 アンスポークンの16(父:キンシャサノキセキ) メス 高柳厩舎
<写真>

<コメント>
うーん、小さい&硬い。競走馬としてはどうかな。


162 カルマートの16(父:オルフェーヴル)メス 高野厩舎
<写真>

<コメント>
元気にすこやかに成長しています。馬体は小さいですが、5月産まれですので、
これから成長してきます。

いくら牝馬とはいえ、さすがに小さいのじゃなかろうかと。
ここまで票が集まっているのは、「オルフェに似ている」ということでしょうか。



187 タイムトラベリングの16(父:ディープブリランテ) メス 杉山厩舎
<写真>

<コメント>
前さばきが硬い馬ですね。


comment 0
06.18
Sun

続いて、<早来F>です。チェックした馬が多いので、
まずは牡馬から。

※各牧場 NO順に書いていきます。
※写真はあくまでも掲載予定です。
※牧場の方のコメントは、通常文字。 私(オッハム)の感想は、青色にて記載。


5 ザグレースの16(父:キングカメハメハ) 牡 大竹厩舎
<写真>

<コメント>
普段からおとなしい。脚元も軽いのでそこは大丈夫です。

値段のこと聞きました。回答は「上が走ってないからです」とのこと。
キンカメ産駒は出資したことがないので、なんともですが、
牡馬ということを考えるともう少しトモにパワーあるといいですよね。



12 ラルナデミエルの16(父:オルフェーヴル) 牡 尾関厩舎
<写真>

<コメント>
全兄弟がいるんですよね。どっちがいいのかの質問には、「どっちもいい馬です」とのこと。
体高があんまりないんですよね、そこがどう出るのか。


24 フェアリーラインの16(父:ヴィクトワールピサ) 牡 勢司厩舎
<写真>

<コメント>
馬体重はありますが、脚元はしっかとした馬です。

自分の書いたメモが判読できず、「500キロ」と書いてあります。
たぶん現段階で500キロだったような。ピサ産駒は1頭抜けたのがいるため、
比較するとどうしても、普通に見えました。



75 ラルシュドールの16(父:ハービンジャー) 牡 池江厩舎
<写真>

<コメント>
気は強い血統なので、この馬も当然気は強いです。
逆にそこがないと、走らないので、いい傾向だと思います。

ハービンジャー×池江厩舎 は成功パターンと誰も思ってます。
ゆえに、最終人気は追い込みきそう。ほしい馬ですね。



110 ソベラニアの16(父:ハーツクライ) 牡 堀厩舎
<写真>

<コメント>
5月産まれということもあり、ようやくここにきて成長してきました。
これからどんどんよくなる馬です。

この馬は人だかりが凄い。常に人がいるので、なかなか写真が撮れない。
人気するのも納得の1頭。


142 パラダイスコーブの16(父:ドリームジャーニー) 牡 奥村厩舎
<写真>

<コメント>
ひとだかりがすごかったです。すでに人気してたので、サラっと見ただけ。


157 スウィートハースの16(父:オルフェーヴル) 牡 石坂厩舎
<写真>

<コメント>
丈夫な馬。関節もよいです。

オルフェ産駒の傾向はこれからですけど、
1月産まれにしてはゆるい気がしました。


次は、早来F・牝馬 です。

comment 2
back-to-top