02.17
Fri

○スナッチマインド(父:ディープインパクト) 6歳メス

スナッチマインド06


出走レース:2/18(土) 京都11R 京都牝馬ステークス(GⅢ) 芝1,400m 浜中俊騎手

■クラブ公式
2017/02/16 <近況>
在厩場所:栗東トレセン 調教内容:15日にCWコースで追い切り 次走予定:京都2月18日 京都牝馬ステークス(GⅢ)〔浜中俊〕 岡田稲男調教師「15日にCWコースで追い切りました。ここまで進めてきた限り、鼻出血の影響もなく、とても順調に調整することが出来ました。普段からなるべく角馬場でじっくり時間を掛けて乗り込んできましたが、それが上手くいっているように感じます。元気の良いところを見せているものの、落ち着きは保っていますので、悔いのない仕上げで京都牝馬ステークスに向かえそうです。去年は仕掛けどころさえ間違っていなければ、十分勝ち負けしていたでしょうし、今回は相性の良い浜中騎手に乗ってもらえるのは大きな強みですから、リベンジして重賞を制覇してほしいですね」
2017/02/16 <出走情報(確定)>
スナッチマインド  2/18(土)京都11R 京都牝馬ステークス(GⅢ)〔芝1,400m・18頭〕54 浜中俊 発走15:35

■オッハムのコメント
満を持しての登場。

6歳3月の引退は確定事項。
結果次第では今回が最終出走かもしれません。

鞍上は浜中騎手。スナッチマインドを一番わかっている騎手が鞍上です。
ソラを使う馬を4コーナーで先頭に立たせた去年の鞍上とは違います。

無事にゲートイン、そして、不利のないレースを期待しております。
可能であれば、去年のリベンジを。

頑張れ、スナッチマインド。

comment 0 trackback 0
02.16
Thu

○レッドエルザの15(父:ディープインパクト) 2歳牡

レッドレオン01


■クラブ公式
レッドエルザの15 ⇒ 馬名:レッドレオン(Red Leon) 

意味:百獣の王ライオン(西)。母名より連想

2017.02.15
(ノーザンファーム早来)
引き続き週3日は屋内坂路コース800mをハロン15-16のペースで登坂、週3日は屋内周回コース2700mをキャンターで乗り込んできた本馬ですが、やや飼葉の喰いが落ちて馬体重も減少気味にありました。そのため、2月10日よりリフレッシュ期間を設けて、現在は毎日ウォーキングマシンでの運動に切り替えて進めています。運動を抑えていますがイライラした様子もなく、精神面は落ち着いています。馬体は少しスッキリと見せていますので、今後も本馬の状態を見ながら調教内容を調整しつつ進めていきます。馬体重は432キロです。

■オッハムのコメント
馬名が決まる季節ですな。
レッドレオン、レッドレオン、レッドレオン。

何か聞き覚えがあるような、ないような、あるような。

本馬は馬体重の問題もあり、調教は休ませつつなので、
なかなかペースがあがってきません。デビューまでに時間かかりそうです。
comment 0 trackback 0
02.15
Wed

○レッドアヴァンセ(父:ディープインパクト) 4歳メス

レッドアヴァンセ11

■出走予定
2017年2月18日(土) 京都 11R 京都牝馬S 芝1400M 鞍上未定
 or
2017年2月19日(日) 京都 11R 斑鳩ステークス(1600万下) 芝1400M 佐藤友則騎手

■クラブ近況
2017.02.15
(音無厩舎)
坂路にて併せ馬で追い切り
アヴァンセ  52.1-38.1-24.7-12.0 馬なり
レコンダイト 53.0-39.0-25.6-12.7 馬なり

助手「今日は坂路にて併せ馬で追い切りました。息も出来ているということで、ビッシリやったわけではないですが、変わらず良い動きだったと思います。使っての上積みが大きく、仕掛けてからの反応が早いですね、最後まで余裕もありました。体調や走りに関しては何の問題もなくきていると思います。この感じで競馬までもっていきたいところです」
音無調教師「追い切りは動ける範囲でやりましたが、走りやすい馬場だったので良い時計が出ましたし、フットワークも良かったですね。予定通り今週の競馬に使う予定ですが、想定を見たところ京都牝馬ステークスを使うのは厳しい状況。ギリギリまで様子を見ながらになりますが、京都牝馬を除外になった場合には、日曜の斑鳩ステークスに笠松の佐藤友則騎手で再投票する事にします。中央でよく騎乗している騎手ですし、馬場の傾向も理解してくれていると思います。レース運びも上手で追える騎手ということで今回はお願いしました」

■オッハムのコメント
昨年はスナッチマインドが準OPの身でもゲートインできましたが、
今年は厳しい模様。京都芝1400Mはこの馬にぴったりの条件なので残念ですね。

斑鳩ステークスは広尾TCのマカハも特別登録があるようです。
広尾TCは既に退会してしまったので近況情報見れないですけど、
出走すればこの2頭が人気集めそうですね。

6月の降級前に準OP突破が理想です。

(※2月16日追記)
やはり準OPでしたね。好走期待してます。

comment 2 trackback 0
02.13
Mon

○アルーフクライ(父:ハーツクライ) 3歳牡

アルーフクライ38


■クラブ近況
2017年02月13日
(山元TC)
山元TC移動後の馬体チェックでは、細く見えるシルエットだったため、1週間ほどウォーキングマシンのみの運動としていました。その後、先週明けから乗り出しを開始しており、現在は周回コースにて軽めキャンターを乗っています。馬体の状態を見ながら調教の負荷を高めていきます。現在の馬体重は461kgです。

■オッハムのコメント
前走458kgでの出走でした。2週間経っても461kgということは、
出走後にガクッっと体重が落ちたんでしょうね。

そういう意味でも、まさに前走は出走できたのがギリギリの状態だったということでしょう。

勝ち上がりの心配はもうしなくてもよくなったので、体調優先でじっくりと進めてほしいですね。

comment 0 trackback 0
02.12
Sun

○セカンドエフォート(父:ワイルドラッシュ) 4歳牡

セカンドエフォート03

■出走レース 2月12日 小倉7R 4歳以上500万下 ダート1700m 小崎騎手

■結果 2着


■クラブ公式
2017/2/12
小崎綾也騎手
「スタートもまずまずでしたし、今回は行きっぷりが良かったですね。勝ち馬が捲ってきた時に引いたらダメだと思い一緒に気合をつけて行きました。最後まで頑張ってくれたように、距離も大丈夫そうです」と話していました。

2017/02/09
(在厩場所:栗東トレセン)
村山明調教師「8日に坂路で追い切りました。競馬を想定してラスト2ハロンから徐々にペースを上げていきましたが、しっかり末脚を伸ばしてくれました。今回は小倉のダート1,700mを試すことにしましたが、スパッと切れるタイプと言うよりは、未勝利戦を勝ち上がった時のように、外から押し上げていく競馬が合っていると思うので、コーナー4つを上手く利用しながら競馬をしてほしいと思っています。距離は一度1,800mを試した時は案外でしたが、小回りの1,700mなら対応してくれると思います」

■オッハムのコメント
外厩施設ではNFしがらきが日本一の施設だと評判です。

三重県の名張トレーニングセンターに放牧に出された時には、
この馬はもう期待されてないのかなと判断しておりました。(すいません)

名張トレーニングセンターでのフォーム矯正がうまくされたようで、
今回のレースでの走るフォームは別馬になったかのようでした。

NFしがらきが必ずしもBESTの選択とは限らないんですね。
今回の過程は村山先生に感謝です。

500万下の目処はたった感じがします。
(今回のメンバーレベルに疑問が残りますが)

できれば降級前に1勝したいですね。

comment 0 trackback 0
back-to-top