06.19
Mon

こんばんは。

昨日はツアーレポートで久々にたくさん更新しました。

写真UPは、ツアー終了後に誰も見なくなった頃に
こっそりとやるかもしれません。あくまでも自己満足の世界です。

今週 月・火・水の3回が中間報告 後半戦がスタートしました。

クラブ側から予告あったとおり、第一希望~第三希望の
一覧リストがあがっておりました。

月曜段階で25%ですから、ざっくり4倍すれば
いいので計算しやすいですね。

私の今年の実績は265万円です。
社台・サンデーの皆様の中では、
実績で取りに行くのは難しいラインでしょう。

そうなると、第一希望でラッキーナンバー頼みをするか、
40口いかない馬の無抽選獲得の2択になります。

本日19日(月)段階で第一希望が1ケタの馬は、
確実ではないものの、無抽選獲得の可能性が高いです。

ツアー参加前は、「■165 インダクティの16(父:ロードカナロア) 牡 安田厩舎」が
第一候補でしたが、後半戦で一気に票数が伸びてきました。
僕ぐらいの実績の人が結構いってると思うんですよね。
そう考えると悩ましい。

火曜か水曜にクラブに電話して実績でいけそうか
聞いてみようかなと。

ちなみに、確実に取りにいくなら、第一希望の候補は2頭います。
(これは木曜以降まで内緒です。)



comment 4
06.18
Sun

〇ウイングチップ(父:シンボリクリスエス) 5歳セン
ウイングチップ38



出走レース:6月18日(日)東京12R 3歳以上500万下・芝1600m 丸田騎手

結果:1着

■クラブ公式
2017年06月18日
(美浦TC)
6月18日(日)東京12R・芝1600m戦に丸田騎手57kgで出走、馬体重は498kg(+6)でした。レースではまずまずのスタートを切ると6番手の内目で折り合って進みました。そのまま淡々としたペースでレースは進み4コーナーを回って直線に向かいました。直線では抜け出している馬を追って2頭で体を併せて追い出されると坂上あたりからグングン伸びて先に抜け出した馬を交わし去り、ゴール直前の3頭での競り合いをクビ差制し、勝ち時計1:35.0で1着でゴール。嬉しい3勝目を挙げています
騎乗した丸田騎手は「今日はパドックから入れ込んでどうなるかと思いました。道中も物見をしたりまだまだやんちゃな面が多いです。直線2頭で馬体を併せて行けたことで随分助かりました。今日で左回りも克服しましたし、まだ活躍できそうですね。」とコメントしています。

2017年06月15日
(美浦TC)
今週6月18日(日)東京12R・芝1600m戦に丸田騎手57kgで出走が確定しています。放牧明け3走目となりますが、輸送距離の短い地元競馬で勝ち負けを狙います

2017年06月14日
(美浦TC)
今週6月18日(日)東京12R・芝1600m戦に丸田騎手57kgで出走を予定しています。同レースはフルゲート16頭のところ、本馬を含めて10頭の出走表明にとどまっています。きょう14日(水)はウッドチップコースにて4Fから52.9-37.8-13.0秒の時計を馬なりでマークしました。距離短縮で前進を期待しています。


■オッハムのコメント
久しぶりに勝ちました(^^)

前回勝ったのが1月29日の3歳未勝利・アルーフクライ号ですから、
4月半ぶりの勝利。長かったような、短かったような。

期間うんぬんよりも、この馬が500万下を無事突破できたことが一番嬉しいです。
降級前は1000万下でもそこそこのレースをしていましたし、500万下で終わる馬ではないと、ずっと思っていたので。
再度1000万条件にあがっても十分に通用するんじゃないでしょうか。

近走のレースっぷりを見ると、ようやく本格化してくれたのかな?
全姉ウイングドウィールのように、活躍してほしいですね。

パドックは見ていなかったんですけど、結構テンションやばかったのか。
3戦使えたので、一旦放牧ですね。
comment 2
06.18
Sun

とうとうラスト。<社台F・牡馬>

※各牧場 NO順に書いていきます。
※写真はあくまでも掲載予定です。
※牧場の方のコメントは、通常文字。 私(オッハム)の感想は、青色にて記載。


6 グレナディーンの16(父:キングカメハメハ) 牡 高柳厩舎
<写真>

<コメント>
性格は落ちつきがあります。

キンカメにしてはトモにパワーないかな。


25 イマーキュレイトキャットの16(父:ヴィクトワールピサ) 牡 堀厩舎
<写真>

<コメント>
馬体重は現在440~450ぐらい。競馬では500ぐらい。期待しているし、ピサの代表産駒になってほしい。

間違いなくいい馬。ピサ産駒っぽくはないけど、ピサで走るならこの馬ですね。


39 ムーンレディの16(父:ワークフォース) 牡 菊沢厩舎
<写真>

<コメント>
馬体重は現在436キロ。ワークフォースの代表産駒です。値付けにとても迷った馬です。
ムーンレディの仔は、どの仔の牧場ではとても評価高い。見栄えもいいし、走り方も安定感があるし、
何も問題がない。ただし、ジョッキー目線だとギアが足らないらしい。

ワークフォースの代表産駒に「なりそうだ」ということは、みんなわかっていて、
でもそれが「どのレベルまでいけるか」が疑問が残る馬。

馬体だけでいえば、間違いなく買いの馬。



47 ダンスインザムードの16(父:キングカメハメハ) 牡 松永厩舎
<写真>

<コメント>
馬体うんぬんよりも、ずーっと2人曳きだったのが気になりました。
気性がヤバいんですかね。


59 ブーケフレグランスの16(父:ロードカナロア) 牡 宮本厩舎
<写真>

<コメント>
400キロちょうど。競馬では480ぐらいいくのでは。距離はこなせそう。非常に落ち着いている。

見たい馬をすべて見て、フラフラしていたら、目に留まった1頭。
関西・牡馬の奥側だったので、人がほとんどおらず。
これはいいですね。母の産駒が馬体はいいけど、あんまり走ってないのが気になるところ。
宮本厩舎って社台では珍しいですね。


82 ギミーシェルターの16(父:ローエングリン) 牡 松下厩舎
<写真>

<コメント>
馬体重は、@※@※です。(教えてくれたけど、一応隠します。あんまり言えないらしいので。)
大人しい、体高はそこまでない。

馬体重は大台のようです。とにかく食べるのが好きらしい。他の馬が放牧地で遊んでいても
一人もくもくと草を食べているらしい。母ギミーシェルターもそうだったようで、遺伝みたいです。
「食べる」血統ってあるんですね、聞いてびっくりでした。


☆余談
思ったよりも時間がかかったので、写真のUPはもういいかなと。。。
他のブログでもたくさん掲載されてますしね~、と言い訳しておきます。

皆様の馬選びの参考になれば。
ちなみに私はほぼ決めました。

comment 4
06.18
Sun

とうとう<社台F>まできました。

社台は「関東・メス」⇒「関東・牡」⇒「関西・メス」⇒「関西・牡」の
順番で入れ替わりで展示されます。

記事4つにわけるほど頭数もいないので、関東・関西は一緒にします。

今回は<社台F・メス>です。

※各牧場 NO順に書いていきます。
※写真はあくまでも掲載予定です。
※牧場の方のコメントは、通常文字。 私(オッハム)の感想は、青色にて記載。

20 ベストロケーションの16(父:ジャスタウェイ) メス 武井厩舎
<写真>

<コメント>
馬体重423キロ。ハーツ系らしくガニ股に出ています。

前さばきが硬めですね。ハーツ系なので、脚付きによってはどうしてもそうなってしまうので、
どこまで許容できるのかじゃないでしょうか。



33 ダンスファンタジアの16(父:シンボリクリスエス) メス 戸田厩舎
<写真>

<コメント>
5月産まれにしては、とてもしっかりとしている。
馬格はあるので、これから成長してくれるはず。

この馬はよいかと。シンクリなので、歩様硬いかなーと思いましたが、
あんまり緩いと父の良さが受け継がれないみたいなんですよね。
シンクリはすでに2頭出資しているので、迷うところ。


71 ベアトリス2の16(父:ヴィクトワールピサ) メス 高野厩舎
<写真>

<コメント>
馬体重431キロ。放牧地ではボス的存在。

胸前の筋肉がとても発達しています。あまりつきすぎると、
前脚のフットワークが重くなるので、ちょっと気になりました。

放牧地での状況から、気性面の強さは間違いなさそうなので、
高野厩舎の調教にあうかですね。



☆余談
社台Fはとても広いです。そのため、バスを降りてから結構歩きます。
展示会場も全牧場の中で一番広いので、一番奥に展示されている馬まで
見に行くと結構な距離があって歩くと疲れます。

牧場の芝生の上を歩くって、アスファルトの上を歩くのより
数倍疲れます。

そのせいもあってか、社台Fの奥側の展示馬は無条件で人が少ないです。
一番最後の関西・牡馬の時は、そもそもみんな疲れていて、バスに戻るか
椅子に座ってる人が多いです。

ちなみに、、、ディープ産駒は一番バスに近い側の展示でした。
ご高齢のお得意様向けに配慮してるんでしょうね。

comment 6
06.18
Sun

続いては<追分F>

ここはとにかく狭い。馬と馬も近いし、馬とバスも近い。
中にはパニックで鳴く馬もおりました。

このぐらい(15時~)になると、だいぶ疲れてくる時間帯なので、
見たい馬だけ見て、サクッとバスに戻る人も増えてきます。

去年までは、バスから出ない人もいましたけど、
今年はみんな馬見てましたね。

活躍馬が出るというのは、それだけ大きいです。

※各牧場 NO順に書いていきます。
※写真はあくまでも掲載予定です。
※牧場の方のコメントは、通常文字。 私(オッハム)の感想は、青色にて記載。

ここできちんと見たのは2頭のみ。G1の馬が多いでしょうがないですね。

31 シナノネージュの16(父:シンボリクリスエス) メス 池上厩舎
<写真>

<コメント>
馬体重は417キロ前後。パワー型。父シンクリの筋肉タイプ。

まあ、シンクリ牝馬としては普通かなと。

117 ガーネットチャームの16(父:ロードカナロア) 牡 鹿戸厩舎
<写真>

<コメント>
馬体重は392キロ。性格は普通の馬だそうです。

結構人気してますよね。カナロア牡馬2000万のお得感なのかな。
見た印象も普通ですね。



☆余談
追分Fは結構時間があったので、G1の馬も1頭ずつさらっと見てました。
特別印象に残る馬はいなかったです。

これで後になって、実はG1ウィナ-・重賞ウィナーがいたという
オチがつきそうですが。

移動タイミングもあるとは思いますが、
リリーバレーで見学会やればいいのにね。
(何年か前にそんな話があったような)
comment 0
back-to-top