03.11
Sat

こんにちは。
3月中旬とはいえ寒い日が続いております。
地域によっては、雪が舞ったみたいです。

暖かくなるのは喜ばしいですが、花粉症がしんどくなるので
なんともトレードオフな季節が始まります。

タイトルの通り、2歳馬に追加出資しました。




○レッドレグナント(エンプレスティアラ15) 父:ロードカナロア 2歳メス

エンプレスティアラ15_02

■クラブ公式
2017.03.08
第1回産地馬体検査(4月)の予備登録をおこないました。産地馬体検査を受検することとなった場合は、受検後にトレセンもしくは美浦近郊へ運び、6月の東京デビューを目標に進めていく予定です


■オッハムのコメント
3月8日(水)に近況が臨時更新 
⇒ 3月9日(木)に「残口わずか」 
⇒ 3月10日(金)に満口発表。

8・9日の2日間で一気に応募が入りました。
それだけ様子見している人が多かったのですね。

私は9日(木)の18時過ぎに応募申し込みをしたのですが、
そのタイミングで結構ギリギリだったみたいです。

申し込めたのは、まあ縁があったということでしょう。

出資理由は前回書いたとおりです。

牝馬に出資するのは2年ぶりです。どうなりますか。

comment 0 trackback 0
03.04
Sat

○ダノンベルベールの15(父:シンボリクリスエス) 2歳牡

ダノンベルベール15_06

■クラブ公式
2017年03月03日
(社台F)
週3日か4日は直線コース入りしており、そのうち1日はキャンターの本数を2本に増やしています。騎乗運動をしているときはあまり目立ちませんが、直線コースに入ると思っている以上に綺麗なフットワークで駆け上がってきます。体の収縮がうまくできており、動かした方が良さが分かるタイプです。この時期の2歳馬にしては体力が備わっており、磨いていけば輝きが増してきそうです。現在の馬体重は500kgです。

※このたび、馬名が「トランスパレント」(Transparent 透明な、透き通った。母名より連想)に決定いたしました。

■オッハムのコメント
馬名決まりました。
社台・サンデーの出資者の皆さんは色々と考えて命名しておりますな。

なんとなく無骨なイメージをこの馬に持っていたので、
想像以上におしゃれな名前になった印象です。

近況コメントも段々とよくなってきております。
セールストークもあるので8掛くらいで考えておりますすが、
順調に調教を積めている事実は変わりません。

馬体重もしっかりとありますし、
この馬なかなかいいかもしれないです。

comment 0 trackback 0
03.01
Wed

○アルーフクライ(父:ハーツクライ) 3歳牡

<3歳3月時点>
アルーフクライ40

<1歳5月時点>
アルーフクライ41


■クラブ公式
2017年03月01日
(山元TC)
山元TCで順調に調整されています。3回中山開催での出走を目標にしています。

2017年02月27日
(山元TC)
状態が上向いてきたため、調教のピッチを上げています。現在は周回と坂路コースを併用しながら2本、ハロン18~16秒の時計を基本にして、週2日は15-15のキャンターを消化するメニューです。動きは良化していますが、もう少し馬体重が増えてフックラとして来てほしいと考えています。現在の馬体重は470kgです。

■オッハムのコメント
なぜか月・水と連続して更新あり。3月か4月の中山で復帰のようです。
ダートか芝かどっちですかね。

ふと思いつきクラブ公式ページにある同馬の写真を
1歳募集時から年代順に同馬の成長を追いかけてみました。

改めて馬の成長の早さを感じると同時に
本馬の幼さも感じました。

まだまだ未完成な馬体なので、
本当によくなるのは来年ではないでしょうか。

このまま順調にいってほしいです。

comment 0 trackback 0
02.23
Thu

○レッドカイザー(父:ゼンノロブロイ) 6歳牡 角居厩舎

レッドカイザー01

■クラブ公式
2017.02.22
(角居厩舎)
本日は坂路にて追い切りました。
 坂路 53.2-38.9-25.3-12.9 仕掛け
助手「単走での追い切りだと気分よくマイペースで走れますね。ヘタに追うと反抗してやめてしまうのでテンから馬任せで出る分だけ行かせましたが、ずっといい感じでした。でも、残り1Fを切ってから後ろから馬が迫ってきたところから周りを気にしだして逆噴射してしまいそうな雰囲気でした。単走の方がいいのは明らかですが、競馬はそうはいきませんからね。極端な競馬をしてもらうしかなさそうです」 

2017.02.16
(角居厩舎)
本日はひき運動の調整でした。
助手「きのうの追い切りに騎乗したスタッフによるとまだ重かったとのことですが、見た目はそこまで太いとは思いません。馬体重は496キロ。馬体には張りがあってこの時期としては毛ヅヤもいいように状態も悪くないのですが、走らせると思ったようには動いてくれませんね。追われると体が反らせるようにして止めていたので調教でシャドーロールを試してみます。これまでも色々試してきましたし、以前シャドーロールを試したこともあった気がしますが、いま思いつく方法はそれくらいです」

■オッハムのコメント
レッドアヴァンセの更新はありましたが、まだモヤモヤしているので
アヴァンセ号については少し時間を置いてから書きます。

さて、レッドジョーカー・スナッチマインド引退した今
出資馬最年長は本馬です。

正直なところ角居厩舎になぜ置いてくれているのか不思議な馬です。
転厩になってもおかしくない成績だと思われます。

3歳時に2勝目をあげた時には期待してたんですけどね。
年齢を重ねるにつれて、段々とロブロイ産駒特有のズルさ・気分屋さが増してきました。

本馬に限らず、ロブロイ産駒全般を見ていると、
「真面目に走るのも才能」だとつくづく感じます。

気性面もあるので、戦法は逃げ・追い込みの2択です。
メンバーと展開次第ですね。

レースではシャドーロール使うのでしょうか?
comment 0 trackback 0
02.21
Tue

こんばんは。

2015年産は現在出資馬2頭です。

○社台
ダノンベルベールの15 (父:シンボリクリスエス) 2歳牡 社台F産

○東サラ
レッドレオン・レッドエルザの15 (父:ディープインパクト) 2歳牡 NF産
 



2頭だとちょっと寂しいので
久しぶりに牝馬を追加出資しようかなーと考えております。

現在様子見をしているのがこちら。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

エンプレスティアラ15_01

○エンプレスティアラの15(父:ロードカナロア) 2歳メス NF産

☆セールスポイント
・天下のNF産
・馬体重が現在496kg。馬体重で泣くことはない。
・新種牡馬ロードカナロアは期待大。
・調教順調で早期デビューも視野。
・全然人気がない(←重要)

というわけでギリギリまで様子見します。
現状出資するかは五分五分ですね。
comment 0 trackback 0
back-to-top